FC2ブログ

記事一覧

巣立ちが成功

巣立ちが成功 ツバメの子育てを段階的に分類すると、五段階に分かれると思います。

 産卵場所を見つけてから第一ステップの産卵床作りに入ります。約五日間で作ります。

 第二ステップとして、メスは地域のオスのグループと交尾して約一週間掛けて一日に一個の卵を産みます。

 卵を全部産み終わったら約半月掛けてあっためます。これが第三ステップ。

 第四ステップは、孵化したヒナが巣立つまでに三週間。

 一般的な場所ではそこまでしか観察できませんが、藪さんローカルのように夜中も観察できる場所があると、第五ステップの巣立ち後のツバメの姿を観察できます。

 巣立ったヒナはお母さんに先導されて飛行訓練をするのですが、まだあんまり飛べないので遠くまでは行けないから、巣立ち後五日くらいは安全な産卵床のそばに戻ってきて寝ます。

 ただし、ファーストラン(第一次子育て)の場合、ヒナが早くいなくなって既に待機しているセカンドランの子育てのために場所を空けてくれないと、応々にして親同士の喧嘩が始まります(^ω^)

 都市には電線がなくなりビルばっかりになってしまって、ツバメが子育てをしやすい場所が少なくなりました。だからこそ、子育てに好条件の場所はツバメが奪い合いをして、20年、30年とずっと毎年二回の子育てをしてるんです。

https://www.youtube.com/watch?v=jghV0xxLWY0
 撮影データ・・・令和二(2020)年5月25日(日)午前3時17分

コメント

おはようございます。(*^-^*)

雛の巣立ちおめでとうございます。
ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆オメデトォ♪
4羽が寄り添って爆睡してて可愛い~。💕

燕尾が短くてコロコロ太ってて・・・
可愛い~。💕
藪さんの楽しそうなご様子も伝わってきます。
o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
午前3時のご観察お疲れさまでした。

巣立ち

 おはようございます。
 目立ちたがり屋の東京都知事より、ステップが細かく切ってあるのは、さすが藪さんです。
 雛のコロコロした映像は微笑ましいです。

*ま~ぶるさん。。

 ツバメはみんな同じ柄なので個体識別はできません。でも体形によってお母さんなのか、オスのヘルパーさんなのか、ヒナなのかが判ります。

 このブログのご常連のま~ぶるさんなら、ツバメをひと目見ただけで、そのツバメがどう云うツバメなのかが判りますね(^∇^)

 さっき夕方6時50分の観察では、あ~ら大変。お母さんと三羽のヒナしか戻ってきてませんでした。一羽がはぐれた?

 四つ子のヒナは、お母さんの云う事を聞くいい子ばっかりじゃないんです。ある程度飛べるようになると勝手に飛びたがり反抗する子もいるんです(^ω^)

 ちゃんと飛行訓練しないと二千キロ以上飛べるようにはならないし、生意気ヒナは自分でエサを取る事もできない。お母さんは三羽のいい子の面倒を見て、グレヒナはヘルパーさんが7時半頃までに連れてきます(^∇^)

*キャバンさん。。

 巣立ちと云うとなんか学校を卒業して社会に飛び出すような感じがしますが、ツバメの子育ての場合はまったく違います。

 三週間、産卵床でずっとエサをもらい続けていたヒナは、いわば何もしないで保育器の中にいたんです。産卵床から出た後の一ヵ月半がツバメの本当の子育てなんです。

 四つ子のヒナにはそれぞれ個性があって、二三日して飛べるようになってくると、やんちゃなヤツはお母さんの云う事を聞かない。人間の子育てと同じですね(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント